OMNIKEY

5127CKミニCCIDおよびキーボードウェッジリーダ

OMNIKEY® 5127CKチップカードインターフェイスデバイス(CCID)は、インテグレータにドライバのインストールや保守の必要がない完成されたリーダをデザインすることを可能にし、この分野におけるライフサイクル管理に関する問題を解消し、完成装置の市場投入に要する時間を加速させます。 これらの完成装置は一般的にプリンタ、コピー機、自動販売機、アクセス制御システムで利用されます。

キーボードウェッジの機能性を備えたOMNIKEY® 5127CKリーダは、リーダに提示されたカードからデータを取得し、キーストロークエミュレーションを使用したアプリケーションにカードデータを直接入力できます。 その結果、顧客がアプリケーションに手動でカードデータを入力する必要性を解消しています。

長波、短波の各クレデンシャルに加えて、単独製品でBluetooth SmartとNFCによるHID Mobile Access ソリューションをサポートするOMNIKEY 5127CKミニは、各技術の混在する環境へのシームレスな移行を可能にします。

OMNIKEYスマートカードリーダインタラクティブカタログ (English)

OMNIKEY® 5022 USBリーダ (English)

OMNIKEY 5022スマートカードリーダ

OMNIKEY 5022リーダは、ヘルスケア、医薬品、金融の各サービス、企業、政府、より高度なセキュリティとアクセス制御を求めるその他の組織にとって理想的なソリューションです。当リーダはドライバをインストールする必要がなく、シンクライアント、ゼロクライアントだけでなく標準的なPCやワークステーションで利用可能です。また、当リーダはワークステーションとアプリケーションのアクセスに二要素ユーザー認証を義務付けているセキュリティや規制関連の遵守要件を満たすために使用することもできます。

OMNIKEY 5022は、多くのスマートカード技術、タグ、NFC対応スマートデバイスと連携可能です。当リーダは、ISO14443 A/B、ISO 15693の各規格に基づいた多数のクレデンシャルをサポートし、デスクトップ環境での小型のフットプリントに対応する理想的なエントリーレベルの選択肢です。

当リーダは、HID Global ActivID® Tap Authentication™ソリューションの一部として、セキュアログイン用のOTPを自動生成するために、ユーザーに単純にカードをデバイスにタップすることを可能にすることで、ユーザーエクスペリエンスとセキュリティを向上させます。

OMNIKEY 3X21 DRIVER SELF-EXTRACTING ARCHIVE WINDOWS 10 32-BIT

OMNIKEY 1021, 3X21, 6121 DRIVER SELF-EXTRACTING ARCHIVE WINDOWS 10 64-BIT

Supported readers: OMNIKEY 1021, OMNIKEY 3021, OMNIKEY 3121, OMNIKEY 3621, OMNIKEY 3821, OMNIKEY 6121

OMNIKEY 5X21 DRIVER SELF-EXTRACTING ARCHIVE WINDOWS 10 64-BIT

OMNIKEY 5X21 DRIVER SELF-EXTRACTING ARCHIVE WINDOWS 10 32-BIT

OMNIKEY® 3121 Reader Board Datasheet

MIFARE Easy Datasheet

Pages

Subscribe