入国管理と移民登録

生体認証は、合法的な移民や不法移民、難民管理、移民登録など、さまざまな方法での入国管理を助けるために使用されております。

生体認証による国境セキュリティ

HID Globalの生体認証ソリューションは、世界の国々で展開されており、移民の登録や外国人渡航者の入国審査・登録業務を支援しております。 高度なテクノロジーにより、合法的な移民と不法入国を試みる人や犯罪歴を持つ人々を速やかに判断し審査業務の負担軽減を実現しています。 また、生体認証ソフトは、過去の亡命者を認識し、亡命元の国に送り返すことも可能です。

バイオメトリックリーダーとスキャナーは、FBIの自動指紋識別システム(AFIS)データベースに接続し、搭乗拒否リストに該当する人や犯罪歴のある人を除外することができます。 この技術は、Global EntryやTrusted Travelerなどの国際的なシステムにも広く導入されており、自国民がより便利で迅速な自国への再入国を可能にするセキュリティクリアランスを受けることができます。

主なメリット:

  • 電子生体認証伝送仕様(EBTS)付録FまたはPIV認定の画質基準に準拠しています。
  • いつでも、どこでも、本人確認・識別ができます。
  • 過酷かつ厳しい環境下でも機能します。
  • お客様の環境・要求仕様に合わせて拡張できる実証済みの生体認証テクノロジーとモダリティが幅広く提供されています。

ソリューションの完成まで、お客様の変化する要件を満たす適切な解決策を提供します。