航空機産業向けHID® SAFE™

航空機産業向けHID SAFEは、複雑な空港アクセス制御や従業員の認証要件に対応し、全体的なセキュリティ向上、コンプライアンスの確保、アイデンティティライフサイクル処理の自動化を可能にします。

SAFE

空港従業員アイデンティティの一元管理

空港は、すべての人のために安全とセキュリティを提供する責任といった、拡大し続ける課題に直面しています。 多くの空港がスタンドアロン型アクセス制御システムを使用して従業員の認証情報を管理しています。 潜在的な内外の脅威に対する100%コンプライアンスの維持、高い運用コスト、業務効率の低下の問題を解決するには、単一の統合型プラットフォームが求められます。

HID SAFEにより空港は以下を実現できます。

  • セキュリティリスクの軽減: 内部脅威および承認されていないアクセスを管理する一元管理型管理
  • 国内、国際、空港固有の要件に適合: アイデンティティ、認証情報、さまざまな関連イベントの管理
  • 運用効率の強化: 統合型ライフサイクルイベントと物理的セキュリティシステム
  • 全体的な運用コストの削減: プロセス自動化と従業員、ベンダー、その他の空港利用者のアクセス制御の簡素化

信頼性の高い監査準備の自動化

航空機産業向けSAFEには監査認定機能が含まれ、これにより空港セキュリティ担当者はTSAガイドラインに従って10%/100%従業員監査を自動化できます。 ここでは、空港のさまざまな雇用者に対する認定担当者がSAFEアプリケーションにより無作為に選ばれた従業員の10%の監査を実行し、少なくとも年に1回100%の従業員の監査を実行します。 こうした定期的監査により、離職した、または承認されていない個人のバッジは適時に無効にされます。

SAFE監査認定について >>

SAFE Identitiesの画面

コンピュータ画面上のSAFE概要

セキュリティ上の脅威を事前予測

セキュリティインテリジェンスのダッシュボードとレポートにより内部脅威を最小限に抑え、リスクの高い領域を保護します。

HID SAFEは、サイバーおよび物理的な身元確認データを収集して相互に関連付け、実用的なセキュリティインサイトやレポートを提供する、リアルタイムの機会学習テクノロジーを使用しています。

HID SAFE Analyticsについて >>

ワークフローをカスタマイズして空港固有のコンプライアンスに適合

すべてのコンプライアンス関連のデータを自動的に監視するため、すべての企業および従業員が一貫して要件に適合でき、空港は10%/100% TSA監査を含め、100%コンプライアンスの下で運営できます。

CATSAロゴ
FAAロゴ
ICAOロゴ
RTCAロゴ
TSAロゴ



HID SAFEのISO 27001認証について >>

既存の空港セキュリティインフラストラクチャと統合

HID SAFEは、「完全な置き換え」を最小限に抑えてコストを節約します。 規格ベースのAPIとコネクタによりHID SAFEは、既存の物理/ITインフラストラクチャや現在空港で使用されているさまざまな権威あるシステムと統合します。 既知の現在利用中のツールを接続して合理化し、また将来のニーズの拡大にも対応させることが楽にできます。