ヘスルケア向けHID SAFE™

ヘルスケア向けHID SAFEを使用すると、病院は医師、患者、訪問者の物理的なアクセスIDを自動化して一元管理できます。HID SAFEにより複雑なポリシーの施行が可能になり、職場の安全が確保され、データが保護されます。

安全と一元化PIAM(アクセス管理)の合理化

医療機関は、病院環境の安全とセキュリティが優れた医療を提供するためになくてはならないことをよくわかっています。物理的なアクセス・ID管理は、本来はシームレスに連携しなければならないのですが、さまざまな来院者、システム、プロセスが原因で困難な場合があります。

HID SAFEが医療関係機関向けに提供するサポート:

  • 各種条件のある職場アクセスポリシーの簡素化、適用、合理化
  • すべてのアクセス制御IDの管理の自動化
  • 資格のある人がそのタイミングで該当するアクセス権を持つようにする

病院の訪問者管理をデジタル的に変革

患者の外来受診は、医療プログラム全体で不可欠です。HID SAFEの企業向け訪問者管理機能により、医療機関は、訪問者管理とサインインプロセスを合理化し、施設の安全を確保しつつ、優れた医療の提供に集中できます。

HID SAFEインテリジェント訪問者管理について >>

安全キオスク

コンピュータ画面上のSAFE Analytics

職場環境で発生しうる重大な問題を発生前に検出

インサイダーの脅威のリスクを最小限に抑え、実用的なセキュリティインテリジェンス・レポート機能を駆使して、病院内のリスクの高い領域を保護します。HID SAFEは、サイバーおよび物理的な身元確認データを収集して相互に関連付ける機械学習機能を利用したリアルタイムテクノロジーを使用しています。

HID SAFE Analyticsについて >>

病院のセキュリティ監査時間を削減し、コンプライアンスを確保

厳しい要件を満たすということの解釈、実装、監視が難しい場合もあります。HID SAFEの組み込みコンプライアンスツールにより、一貫したポリシーを適用して定期的なレポート機能を提供し、HIPPA、Mars-e、GDPR、およびISO27001といった規格の維持と適合をより簡単に実現します。

Building Blocks

既に使用しているシステムを統合

セキュリティおよびID認証環境の既存のシステムの大半をHID SAFEと統合できます。このソリューションは、以下のような、アプリケーションと物理システム用のエージェントおよびAPIを提供します。

  • HL7適合インターフェース
  • 電子カルテ(eHR)システム
  • Epic、Cernerなどの医療情報(HIM)システム
  • 人事(HR)システム
  • 50を超える物理アクセスシステム、複数の生体認証システム、バックグラウンドチェックサービスなど

既知の現在利用中のツールを接続して合理化し、また将来のニーズの拡大と進化にも対応させることが楽にできます。