スマートビル

HID IoTサービスは、幅広いスマートビルディングアプリケーションを活性化する識別全般の核心であり、信頼のおけるRFID、NFC、およびBLEテクノロジーをクラウドサービスと組み合わせて活用します。

ビル稼働率管理

現代のダイナミックなオフィスの課題に対処するには、リアルタイムの情報にアクセスして安全性を最適化し、コンプライアンスを実現し、施設費用を削減すると同時に、従業員と訪問者のエクスペリエンスを向上させることが重要です。HIDロケーションサービスのビル稼働率管理は、実用的な占有データを提供し、ニーズとアプリケーションに基づいてスケーリングおよび拡張するターンキーソリューションです。これにより、組織は従業員と訪問者によるビル出入りの時間を把握し、ビル、フロアおよび部屋単位での占有率が容易に分かり、バーチャルなセキュリティゾーンを設置し、違反に対する自動アラートやアラームを設定し、緊急時にはビルにいる人を特定できます。

主な利点:

  • バーチャルなゾーンおよびアラートでセキュリティを強化
  • 緊急事態ロケーションで危機管理を改善
  • ビルの出入りを追跡してセキュリティを強化し、コンプライアンスを順守
  • 占有データ分析に基づいてリソース分配を最適化・再定義
Location Services

資産管理

追跡する資産が複数のロケーションにわたる多数の資産でも、特定のエリアの高額資産でも、業界、環境および資産の種類に関係なく、資産管理は位置情報の正確さと棚卸資産減耗を提供する必要があります。HIDロケーションサービスは、機器、人、プロセスに関して、リアルタイムの可視性と実用的なデータの両方を提供します。HIDを使用した資産追跡により、資産管理の対象、場所、方法を最大限に柔軟に設定でき、在庫場所の出入りの動きを追跡する方針を設定し、1メートル以内の精度でリアルタイムに資産を追跡できるなど、さまざまな機能が可能になります。

主な機能:

  • 革新的なRTLS(リアルタイム位置確認システム)は、資産(アイテムまたは従業員)の位置を1メートル以内で正確に確認するのにインフラストラクチャをほとんど必要としません。
  • 高度な技術で、リアルタイムの追跡だけでなく、ユーザーが定義するジオフェンスの柔軟性も提供します。
  • 環境条件(複雑な製造、空港、病院など)に関係なく、データドリブンの意思決定のために経路の履歴、ヒートマップ、予測解析を入手できます。
Internet of Things

仕組み

HIDロケーションサービスプラットフォームは、HID物理的アクセス制御資産追跡システムを補完し、ビル占有率と資産管理向けの正確かつリアルタイムの位置認識と分析を提供します。このシステムでは Bluetooth低消費電力通信規格(BLE)の性能、Wi-Fiおよびクラウドベースの技術を組み合わせ、独特のシームレスなエクスペリエンスを提供します。その結果、組織は職場の可視化を向上させ、予測分析を使用してスペースの使用状況と建物の運用効率を迅速に把握することができます。こうした優れた機能にもかかわらず、このシステムは実装に最小限のインフラストラクチャのみを必要とし、REST APIを使用して既存の建物管理システムに容易に統合できます。

people in office

従業員の安全

従業員を安全に職場に戻すため、企業は世界各国で政府や保健機関により概要が定められた新たに義務化された方針を実践する必要があります。 HID ロケーションサービスは、デジタルで物理的距離を確保し、接触追跡を自動化して、手指衛生設備の使用状況を監視するための、新たな応用例を提供します。

詳細はこちら >>

maintenance-inspection

メンテナンスと点検の合理化

施設管理者は、既存の設備保全管理システム(CMMS)とのシームレスな統合を通じ、HID Trusted Tag™ サービスを実装するだけで、複数の場所全体のサービスイベントの管理、およびモバイル技術者と検査担当者の監視が容易にできます。信頼のおけるNFCまたはBLEタグをオフィス設備や資本設備に追加することで、資産を即座にインターネット対応にすることができ、モバイル、ウェブベースのCMMS、およびその他の優先ビジネスアプリと安全に連携できます。NFCまたはBLE搭載のモバイルデバイスをタップするだけで、メンテナンス・点検プロセスを自動化し、資本設備の寿命とパフォーマンスを向上しながら、セキュアなモバイルエクスペリエンスを実現します。

trusted-security-patrols

信頼性の高いセキュリティガードパトロール

HID Trusted Tagサービスは、NFCテクノロジーとクラウドベースの認証をパートナーIoTアプリケーションと組み合わせることによって、不動産管理によるセキュリティチェックポイントの正確な追跡が可能となり、警備員が昼夜を問わず建物全体で起きる不正行為に即座に対応・報告できるようになります。

各巡回ストップは自動化されており、手動のサインインプロセスを必要としないため、警備員は建物のエリアをより容易かつ効率的に巡回できます。セキュアなTrusted Tagに携帯電話をタップするだけで、セキュリティパトロールの巡回が適切な場所で行われたことをデジタルで証明します。

key-management

キー管理の簡素化

NFCタグを各キーに適用することで、物理的なキー管理が簡素化・自動化され、追跡をより効率的に行うことができます。HID Globalパートナーのアプリケーションを使用し、建物でログインおよびログアウトしたキーを、組織は自動的に記録・監視できます。

このソリューションにより、手続き変更の自動化に伴い時間と資源の節約ができ、さらに紙面での記録の代替となります。チームは、自動レポートと紛失キーのリアルタイム報告により、正確な記録管理ができます。さらに、キー交換のコストに頭を悩ますことがなくなります。

Trusted Tag Services

Trusted Tagサービスのしくみ

HID Trusted Tagサービスは、モバイルデバイス(AndroidやiOS)で接続されたNFCまたはBLEタグをタップするだけで、情報を安全に通信し、円滑な認証エクスペリエンスを実現します。