従業員の人的距離の確保

概要

ほとんどの職場では、従業員が当然のように緊密な連携を図り、休憩スペースでは雑談するものです。従業員が職場に戻るに当たり、組織は人的距離の確保に関する方針と手順を実践に移すことで、疾患にさらされる危険性を軽減するための準備を進める必要があります。

職場の安全とセキュリティにおける豊富な知識と専門性を活かすことで、HID ロケーションサービスは企業が生産性を回復し、施設内で感染症が再燃するリスクを軽減できるようにします。リアルタイム インテリジェンスが従業員の行動を変化させ、人的距離の確保に関するガイドラインを簡素化します。代わりに、組織はサービスの安全性向上と、職場復帰に関する規制への準拠を実現するためのデータ分析結果を受け取ります。

Location Services

物理的距離の確保の仕組み

企業は、リアルタイム ロケーションサービス (RTLS) または近接ベースの位置を使用してゾーンやアラート パラメーターを作り、確保する距離の方針を定義します。HID ロケーションサービスでは、距離の新しいガイドラインに従うようデジタル リマインダーを送信する BEEKs™ Aware Bluetooth Low Energy (BLE) の資格情報が従業員とゲストに配布されます。HID BLE ビーコンは、チームメンバーが身に付ける別のビーコンとの距離が 6 フィート/2 メートルあるかをピアツーピア機能で測定します。アラートとインタラクションは HID の Bluzone™ クラウドに記録され、履歴解析に使用されます。

NO ALERT> 2m (6 ft)BLUFI™GATEWAYBEEKs ALERT(AUDIBLE & VISUAL)BEEKs ALERT(AUDIBLE & VISUAL)BEEKs™BEACONSBLUZONE™ CLOUDREPORTING & ANALYTICSINCLUDINGCONTACT TRACINGContact EventsContact EventsContact EventsContact EventsContact Events< 2m (6 ft)

他のビーコンが登録するための BEEKs Aware の信号は、インタラクションと期間をクローズし、近接に違反している間音と LED でユーザーに警告します。また、休憩室のようにトラフィックの高い範囲を囲むジオフェンスを作り、人の集合を最低限に抑えることもできます。移動とインタラクションの履歴データを使用すると、病気の兆候のある人が施設内にいる場合、会社は速やかに接触追跡分析を実行し、隔離手順を開始できます。

Location Services

ロケーションサービス

HID ロケーションサービスが、同じエコシステムを使用して現在利用可能なさらなる IoT サービスの基礎を築きます。企業が長期使用のための投資を諦める必要はもうありません。HID のロケーションサービス技術はさまざまな業界にわたって、ビル占有率の管理、空間の最適化、資産の追跡に使用されています。また、産業用途では、メーカーが同じアーキテクチャを使用して遠隔で HID コンディションモニタリングを実行し、障害を予測して、機器の健全性を監視することができます。詳細はこちら