HID Location Services and Condition Monitoring

リアルタイムのスケーラブルな IoT エコシステム – 高度化したスマートビルディングと最適化された職場で運営の効率化を達成

情報の要求
Experience

概要

複数のロケーションで、または特定のエリア(人、物件、資産)において、組織運営の最も重要な部分におけるリアルタイムの高度な可視化への需要が高まっています。組織は、セキュリティに関して妥協することなく、建物のより効率化された運営確保を通して、従業員の定着と満足度のバランスをとろうとしています。企業は、優れた職場環境を構築し、建物のガバナンスを向上させ、最適な効率化を確保するため、信頼性が保証されたアイデンティティを日々の活動にますます取り込もうとしています。

職場の最適化

HID ロケーションサービス プラットフォームは、正確かつリアルタイムのロケーション認識と職場分析への市場ニーズ増大に応じ、職場環境の最適化に対応しています。このシステムでは Bluetooth 低消費電力通信規格(BLE)の性能、Wi-Fiおよびクラウドベースの技術を結合し、独特のシームレスなユーザー経験を職場内外で提供しています。組織は、規定されたスペース(屋内/屋外での位置測定)での職場の正確な位置をより高度に可視化し、予測アナリティクスを使用してスペース使用状態と建物の運用効率を迅速に把握することができます。主な機能:

  • 履歴データ、ジオフェンシング、ホットゾーン アナリティクスを使用し、職場の使用状態に関する知見を得る
  • 周囲の温度、照明、ドアの開閉を記録し、エネルギー効率を向上させる
  • 無許可のアクセス、規定されたエリアでの人の出入りを監視し、自動アラートを受け取る
  • 部屋の利用レベルと経時的な使用傾向に関する健康および安全上の規制に従う
  • 全棟避難の際、正確な人数把握で緊急対応と準備態勢を強化する
  • 従業員と訪問者に、利用可能な会議室や無料駐車スペースを探す自動サービスを提供する

物件管理

追跡する資産が複数のロケーションにわたる多数の資産でも、特定のエリアの高額資産でも、物件管理は正確さが重要です。場所のより高度な可視化と、資産や人員の時宜を得た位置確認は、生産、建物利用および職場管理にとってたいへん貴重です。BluvisionによるHIDロケーションサービスは、機器、従業員、プロセスにつき、リアルタイムの可視性と実用的なデータの両方を提供します。主な機能:

  • RTL(リアルタイムの位置確認システム)の進歩により、資産(機器または従業員)の位置を1メートル以内まで正確に確認するのにインフラストラクチャはほとんど必要ありません。
  • 高度な技術で、リアルタイムの追跡だけでなく、ユーザーが定義するジオフェンスの柔軟性も実現しました。
  • 環境条件(複雑な製造、空港または大規模な小売の環境)に関係なく、データ駆動型の意思決定のために経路の履歴、ヒートマップ、予測解析を入手できます。

機器のパフォーマンス

資産の最適なパフォーマンスは、それが自動販売機であれ、コンベヤーベルト、冷暖房機器、あるいは小売店内の販売促進用陳列棚であれ、損益や成否の分岐点となることがよくあります。組織は多くの場合、危機の監視と迅速な対応のために複数のデータポイントを使用した、機器のパフォーマンスへの高度な可視化を必要とします。HIDのスケーラブルなクラウドサービス プラットフォームならば、即時情報を用いて予測分析および実施可能な分析を有意なフォーマットで行うことも実現可能です。貴重な機器データをもとに、組織は、機器故障も即座に知ることができ、運用環境を改善し、パフォーマンスを効率化させることができます。

機器の健全性

モーターやモーター式の機器は故障することがあります。問題は、ダウンタイムを最小化するためにいつどのように先手を打つ必要があるか知っているか、ということです。幸い、モーター、発電機、その他モーター式の機器は、動作状況とテレメトリーデータを監視することでその健全性を判断し、故障を予測することが可能です。運用担当者は、HID Globalの高度な状態監視アルゴリズムを使用してテレメトリーデータを収集し、ビジネスの判断基準でデータのフィルタリングを行って重要でないデータを除外、トレンドライン情報を正確に描き、故障を予測し、アラートを出すことができます。予測分析を入手した組織は、ダウンタイムを縮小し、能力の減少を避け、重大なインスタンスの改善を直ちに行うために、重要な機器が故障する前に是正措置をとることができます。