GDPR規制コンプライアンス

組織は、様々なサイバーによって関連し合うステークホルダーのアイデンティティの安全を維持するという、高まる挑戦に直面しています。厳しいプライバシーの規制を満たしながら、脅威を認識し、リスクを管理することが重要です。

情報の要求

GDPRを成長の機会に変える

一般データ保護規制(GDPR)やISO27001、Cyber Essentials必要条件など他の仕様に準拠することは、組織に競争力のある優位性と、究極的には長期的に持続可能なビジネス戦略を構築する機会を与えます。

組織がデジタルトランスフォメーションへの行程を実現するにつれ、セキュリティのスタンダードを満たしGDPRに準拠することによって、人工知能(AI)と機械学習など高度のテクノロジーを使って既存のデータを活用することができるクラウドコンピューティング時代にシステムを持ち込むことができるようになるでしょう。

GDPRは顧客との信頼性を維持しロイヤルティーを確立する、ビジネスにとって前向きな影響を与える素晴らしい機会です。

IDは新しいセキュリティのパラメーター

  • 強固な認証方法で、企業データにアクセスする人物のIDを検証
  • 正確でリアルタイムなリスクアセスメントで、マルウェア、詐欺、データ侵害からデータとトランザクションを保護
  • 物理的・論理的なIDと、ユーザーのライフサイクル情報のアクセスを管理
  • デジタル署名されたトランザクションと電子メールによって組織間における送信中の個人データを保護
  • 否認不可・改ざん防止監査ログによりコンプライアンスの証拠を提供
音楽コンサートでのファン

業界の表彰