セレクションガイド

HIDは自分のカードを印刷したり、HIDがあなたのためにそれを行うのが最善それだかどうかを判断するお手伝いをさせて

カード出力センターか、もしくはカードプリンターか。

プロジェクトは一件ごとに異なるため、HID Identity オンデマンドカードサービスがバッジングプロジェクトにおいて多数の障害を取り扱うことができるとしても、全てのプロジェクトが我々のサービスに最適というわけではありません。目的を果たすための最善の方法は何かを決定する際に、組織がリバッジング関連コストを分析することは重要です。

以下の問題点も同様に評価されるべきです。

プロジェクトの内部コストは何ですか。

  • 納期を守るために追加のリソースが必要になりますか?
  • リバッジングはプロジェクト全体の単なる一面に過ぎないかもしれません。もし追加的リソースがこの特定タスクの管理に利用される場合、プロジェクト全体を危機にさらすことになりますか。
  • 予期せぬ不具合についてはどうでしょう。一般的に約10%を占めるとされ、カスタム化iCLASSカードを20,000枚生産する必要があれば、 22,000ユニット購入する必要があります。
  • タイムラインを作成する際に、メンテナンスと修理を考慮に入れる必要があるでしょう。追加で機器を購入する予算がない場合、手持ちの機器の割合に基づいたスケジュールを立てるべきです。即ち、8台のプリンターがある場合、スケジュールは6台に基づいているべきです。
  • (ハードウェアおよび労働力)リソースには限りがあるため、タスク完了のために費やすリソースに関連する機会費用を計算することは重要です。
  • もしリバッジングを取り扱えるよう機器を強化する予定であれば、ハードウェアおよびシステムの不必要な取替えを制限するため、将来のアプリケーションを考慮する必要があります。
  • 最後に、セキュアな倉庫保管のための費用および完成したクレデンシャルの均一性を考慮すべきです。これは施設を追加するごとに更に難しく、更に高価になります。

カード枚数、各レイアウト数、もしくは労働力およびその他の機器への投資とは関係なく、カードサービスとデスクトッププリンターを評価する際に、幾つかの要因を考慮すべきです。デスクトッププリンターに投資すると決心されたなら、HID Globalはより小規模なプロジェクトのニーズにも対応しうるプリンターを完備しています。当社の製品に関する詳細は、 FARGO プリンター /エンコーダのページをご覧下さい。