セキュア認証印刷プロバイダー

HID Globalは、複合機(MFP)のトップメーカー及びアプリケーションソリューションのプロバイダーと提携し、文書のセキュアプリントのための強固な認証ソリューションを開発し、印刷関連コストを最低限に抑え、世界各地の企業の二酸化炭素排出量の削減に寄与してきました。

UniFLOW Output Managerの使用により、企業はセキュリティ上の問題を劇的に減少させながら、高品質の印刷機能を利用する事ができます。 本ソリューションにより、ユーザーがデバイスに認定IDを提示するまで、全ての印刷ジョブがUniFLOWサーバーで待機するように設定できます。認可を受けていない人が機密文書にアクセスする、または文書を引き出すことを防ぎます。 UniFLOWは、指紋リーダー、磁気カードリーダー、非接触式リーダーを含む多くの認証システムに簡単に組み込む事ができます。 キャノンのセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、 ここをクリックしてください.

HP のAccess Control Printing Solutionsで、より経済的でセキュアな印刷環境を容易に実現することができます。 HP Access Controlは、HPの複合機(MFP)およびプリンターの35モデルの中からお好みの機種で駆動することが可能で、ユーザーが求める使い易さに加え、企業が必要とするコスト管理およびセキュリティを兼ね備えています。 HPセキュアプリント認証ソリューションにに関する情報を入手するには、 ここをクリックしてください .

機密性の高い電子情報の保護は、かつてないほど大きな問題となっています。接続可能な複数機能オフィス製品の急増を受け、コニカミノルタはbizhubセキュア複合機により処理された電子書類の保護こそ、21世紀の仕事場に絶対必須であると考えました。当社のゴールは、bizhub製品を現在市場で入手可能な最もセキュアな複合機にすることです。コニカミノルタのセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、 ここをクリックしてください.

中枢情報の機密性保護は、多くの企業にとって重要な関心事であり、それは印刷された書類においても同様です。京セラのネットワークプリンターおよび複合機は、Private Printといった京セラKXDriver機能に組み込む事で、このような課題に取り組みます。Private Printでは、企業のIDバッジを提示することで印刷ジョブが確実に保護されるようにし、ユーザーは自分のPCから共有されているあらゆる京セラプリンター又は複合機上で書類をセキュアに印刷し、デバイスで印刷ジョブをリリースできます。 京セラのセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、ここをクリックしてください.

レックスマークは、自社のネットワーク結合複合機およびプリンター群に対する包括的な出力セキュリティソリューションの開発、サービスの提供において業界を先導してきた実績があり、これからもそうあり続けます。レックスマークのセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、 ここをクリックしてください.

書類保護をコントロールしましょう。リコーの Print and Copy Control (PCC)は、MFPアクセスの制御、アカウントコードの管理、使用の追跡、ユーザーモビリティの向上、廃棄物の最小化を同時に行う、経済性に優れ、ハードウェア様式にとらわれないシステムです。リコーのセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、ここをクリックしてください.

書類セキュリティの業界リーダーとして、シャープエレクトロニクスは書類やデータの保護に企業が多層アプローチを取るよう推奨しています。情報資産保護の適切なアプローチを取り損ねる事で深刻な影響が起こり、企業が賠償請求、損金、 刑事罰に晒される事にもなりかねません。個人情報、財務情報、医療記録、極秘の政府関係情報、または企業の機密データのいずれであっても、狙われた、又は日和見的な脅威のリスクを最小化するソリューションを効果的に利用することが重要です。 シャープのセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、 ここをクリックしてください.

中小企業においてもセキュリティは喫緊の課題となっています。東芝のセキュア複合機の使用により、セキュリティ面での課題の増加に直面するあらゆる規模の企業を支援し、価値あるデータを革新的な方法で保護します。東芝のセキュアプリント認証ソリューションに関する情報を入手するには、ここをクリックしてください.