Quantum Secure

新たにHID Globalの傘下に加わったQuantum Secure は、弊社の従来のID管理ポートフォリオの拡充に力を注いでいます。

Quantum SecureのSAFEソフトウェアスイートは、複数のサイトとシステムに渡るセキュアIDと並び、コンプライアンス及び運用分析を管理する単独で完全運用可能な、統合物理セキュリティポリシー用プラットフォームを提供するものです。このプラットフォームのご利用により、お客様は企業の運用コストやリスク特性の低減はもちろん、各種のセキュリティ基盤に及ぶ法令のコンプライアンスを促進することが可能になります。

物理的ID & 入退室管理

SAFE 物理的IDおよび入退室管理は、業界最優良の事例プロセスを注入し、あらゆるタイプの人々やユーザーアクセスプロファイル、物理的アクセスシステムに及ぶ入退室リクエストと承認プロセスの効率化を実現します。

セキュリティ・インテリジェンス

SAFE セキュリティ・インテリジェンス系モジュールに属するウェブベースのソリューションは、統合的な物理的セキュリティインフラ設備の全体的状態を、管理レベルのグラフダッシュボードで表示します。

コンプライアンス & リスク管理

SAFEコンプライアンス&リスク管理ソリューションは、セキュリティ関係者に対し、各種の独立した物理的入退室管理システム(PACS)に及ぶ管理強化を実現し、透明で追跡可能、反復可能なリアルタイムの世界的コンプライアンスプロセスを構築するものです。

Mobile Solutions

Quantum SecureのSAFEソフトウェアスイートは、複数の異なるセキュリティシステムに及ぶIDおよび物理的アクセスレベルの/オフボーディングに基づいたポリシーを提供します。

セキュア・クラウド

SAFE for Secure Cloudは、SAFE Software Suiteが対応する複雑な物理的IDおよび入退室管理の課題への対応能力を組織に提供する、優れた安全性を誇るSaaSです。コストのかかる複雑な社内システムも一切不要です。

訪問者ID管理

SAFE 訪問者ID管理は、あらゆるタイプの物理的IDを管理し、訪問者ID管理のライフサイクル全体の自動化を行ないます。

Quantum Secureの顧客リストには、以下のような営利団体および政府機関が名を連ねています。米国エネルギー省、米国保健社会福祉省、Oracle Corporation、 The New World Trade Center、Adobe Systems、NVidia、 United Health Group、AMD、 AT&T、 eBay、Visa、SMU、PG&E、 Juniper Networks、Symantec Corporation、サンフランシスコ国際空港、トロント・ピアソン国際空港。詳細はQuantum Secureをご覧ください。