HID® SAFE™ Facility Analytics

職場の稼働率と使用状況パターンを把握
  • Globe icon with pie chart
概要 | 仕様

Facility Analyticsにより、施設マネージャーは、不動産のリースや購入決定にこれを活用でき、セキュリティマネージャーは、使用状況やアクセス傾向に基づいてセキュリティフットプリントを縮小できます。 また、このソリューションは、組織がソーシャルディスタンス要件に適合するための建物稼働率のしきい値の維持にも役立てることができます。

職場におけるソーシャルディスタンス維持のための主な機能:

  • ソーシャルディスンタス要件を維持するための施設稼働率しきい値のリアルタイム監視・アラート
  • 接触者追跡レポートや、対象となるグループや個人の入退出監査を素早く実行
  • 機械学習の力を活用して高トラフィックのエリアや従業員の移動などによる安全リスクをプロアクティブに特定

不動産管理における主な機能:

  • ほぼリアルタイムのメトリクスを使用して不動産ポートフォリオ投資を評価
  • 部門における空間使用状況や作業場割り当ての監視
  • 稼働率と使用状況を平方フィートあたりのコストで把握
  • 領域別、部門別、月別に稼働パターンの傾向を抽出
  • ビジネスをサポートするためにどのような建物への投資が求められるか確認できる信頼性の高い情報
  • Globe icon with pie chart
概要 | 仕様

仕様:

  • さまざまな事業部門、そのさまざまな分野 (HR、IT、物理セキュリティ) のデータを抽出・分析する機能満載のレポーティングプラットフォーム
  • アクセスエリア、業務スペース、全体的な稼働率が確認できるインタラクティブなダッシュボードビュー
  • HRによる割り当てだけでなく、実際のアクセスログに基づいた稼働率と使用状況の追跡
  • 稼働率と使用状況のメトリクス (部門別)
  • 稼働率と使用状況のメトリクス (業務スペース別)
  • 稼働率と使用状況のメトリクス (固定スタッフ対訪問者別)
  • 建物稼働率の日別、週別、月別、四半期別の分析

HID SAFE Facility Analyticsによりユーザーは、個別の所有建物、領域の稼働率や使用状況などのリアルタイムの傾向分析が単一のダッシュボードから確認できます。 ユーザーは、建物内で従業員が実際に割り当てられた空間を十分に使用していない、または過剰使用している部門または領域を素早く把握できます。

  • Globe icon with pie chart
概要 | 仕様