HID® Asure ID® Exchange

より洗練された安全なクレデンシャルアプリケーションへのサポートにより、より進化したスマートカード機能とレーザー刻印を提供します。
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
概要 | 仕様

Asure ID Exchangeは、より進歩したカードパーソナライゼーションアプリケーションのための直観的なカードデザインやデータ管理ツールを求める機関に最適です。

Asure ID Exchangeには、PCにインストールされているか、またWindows®Proタブレットにインストールされているかに関わらず、現存のデータベースソースへの迅速でシームレスなゲートウェイを確実にする、強力なインテグレーション、登録、エンコーディングモジュールが備わっています。iDIRECTOR®エンコーディングと管理モジュールは、カードを画像的に、電子的に1つのシームレスなプロセスでパーソナライズすることを可能にし、それによってスマートカードの開発と展開を改善します。

Asure ID Exchangeには、HDP8500LEレーザーエングレーバーの設定と維持を簡略化するためのレーザーコンフィギュレーションモジュールも備わっています。これにより、マウスを2回クリックするだけでカードのデザインやデータの追加に必要なものが全て揃います。

主な利点

  • より良いユーザーインターフェイス ユーザーフレンドリーなインターフェイスは、外観と操作性が、馴染み深いマイクロソフトのリボンに似ており、鮮明な写真付きID作成のデザインと管理を、最小限のトレーニングで可能にします。
  • データベースをわかりやすく 内蔵のデータベースのほかに、設定可能なLive Linkプラグインを利用してリアルタイムでマイクロソフトSQLサーバーに変換して、共通のデータベースから簡単にカードを印刷することができます。
  • iDIRECTORiDIRECTOR のモジュールでは、Asure ID Exchangeと併せて、カードメモリーの管理、複数のスマートカードの読み込み、iClass®Seos®などの画像認証スマートカードの作成などもシームレスにすばやく簡単に行うことができます。
  • iCLASS SE® オープンエンコーダープラットフォームサポートHID Global のiCLASS SEエンコーダープラットフォームのサポートにより、PACSクレデンシャルの作成、エンコード(読み込み/書き込み)、管理を1つのステップで行うことができ、発注や在庫管理、発行プロセスを効率化します。
  • 安定したレポーティングスイートビジネスの必要性に応じたカスタムレポートを必要に応じて作成するための検索条件、ソート、グループデータを備えています。
  • FARGO®HDP8500LEレーザーエングレーバーとの互換性 1つの統一されたカードテンプレートでセキュリティ認証情報の印刷、刻印、ラミネート加工が行えるため、作成と配達にかかる重要な時間を節約できます。
  • PACインテグレーション PACインテグレーションは、25を超える優れたアクセスコントロールシステムと緊密に統合されており、PACSクレデンシャルをソフトウェアから直接、非常に簡単に登録することができ、発行のプロセスに使われるアプリケーションの数を減らします。
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
概要 | 仕様
  • Windows®Proタブレット対応
  • ユーザー権限設定とカードテンプレートへのパスワードによるログイン
  • 対応言語:英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、イタリア語、日本語、韓国語、簡体字中国語、タイ語、インドネシア語、アラビア語、トルコ語、チェコ語
  • ネットワークが可能(Asure IDのサイトライセンスにより、ネットワークにつながっている複数のワークステーションでデータベースの情報が共有できます。)
  • ODBCのインポート/エクスポート
  • Microsoft®Access®(2000、2002、2003)とのリアルタイムデータエクスチェンジ(Live Linkを通して)、Microsoft SQL Server(2000、2005、2008、2012 、2014)、MySQL(バージョン5)、Oracle(9i、11g)、Microsoft®Active Directory/LDAP(読み取り専用)
  • iDIRECTORスマートカードのエンコーディングと管理により、テクノロジーカードを簡単に統合することができます。
  • アクセス制御クレデンシャルを様々なアクセス制御ソリューションにプログラム、および登録することができます。
  • 署名キャプチャの搭載(TWAIN、WIA、DirectShow®)
  • 1次元と2次元バーコードの追加(PDF417、QRコード、データストライプ)
  • Auto-Enhanceによる写真キャプチャ搭載(TWAIN、WIA、DirectShow®)
  • Lumidigm指紋センサーによる指紋登録の搭載
  • 両面テンプレートと印刷デザイン
  • スタンダードとカスタムレポートはAsure IDで見ることもでき、または簡単な分散のためにエクスポートすることもできます。
  • 任意で1年/複数年のサポートパッケージ

 

 

プリンターとの互換性

HIDは使いやすさと、ビジネスの成長とともに拡大するIDソフトウェアの制作に重点を置いています。

Asure ID 7はFARGOプリンター/エンコーダーとのパフォーマンスを最大限にするように最適化されていますが、市場で人気のある他のプリンターにも対応しています。下記はAsure IDソフトウェアと互換性のあるプリンターの一覧表です。

Asure IDは以下のプリンターに対応しています。

  • 全てのFARGO DTC & HDPプリンター/エンコーダー
  • データカード カードプリンター
  • DISカードプリンター
  • Evolisカードプリンター
  • Niscaカードプリンター
  • Zebraカードプリンター
 

Asure IDは、最高のカードパーソナライゼーション機器への最適なドライバーです。

HID GlobalのAsure ID Exchangeは、FARGO HDP8500LEレーザー刻印システムと抜群の相性です。Asure IDは、最も進んだカードデザインと発行ソフトウェアで、同時印刷、エンコーディング、刻印、ラミネーションを含む、データ管理とクレデンシャル発行のための統一された直観的なインタ―フェイスを提供します。Asure ID Software Development Kit(SDK)により、あらゆるクレデンシャル管理システムへの統合が可能になります。

HDP8500LEレーザーエングレーバーに関する情報は、http://www.hidglobal.com/products/card-printers/fargo/hdp8500leをご覧ください。

  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
  • HID Asure ID Exchange
概要 | 仕様