HID®リスク管理ソリューション

脅威と不正検出を備えたセキュアなデジタルバンキング
  • ActivID® Threat Detection
概要 | 仕様

HID®リスク管理ソリューションは、金融機関をサイバー犯罪者から守るリアルタイムのリスク プロファイリング技術です。データ分析に基づいた次世代のサイバー脅威と不正検出ソリューションで、オンラインとモバイルバンキング、トランザクションシステム、高度なアプリケーションをターゲットにした従来型そして現代型の脅威から守ります。現代のバンキングアプリケーションにおける変化し続ける脅威状況と戦うには、機械学習によってサポートされた、証拠に基づく検出機能と行動バイオメトリクスの組み合わせは最適といえます。このソリューションには2つの利用可能な選択肢があります:HIDリスク管理ソリューション―脅威検出とHIDリスク管理ソリューションー脅威と不正検出です。

HIDリスク管理ソリューションは、HID GlobalのActiveID®認証プラットフォームと完全統合しており、ユーザーのID、トランザクション、デバイス、そしてアカウントを保護する高度なマルチファクター認証を提供します。これには以下のような利点があります:

  • 強化されたセキュリティ
  • 組織を従来のソリューション(静的であるMFA認証と対比して)に適応、改善させながら将来の脅威に適応する
  • UXフローはリスクレベルに従って定義され、セキュリティを向上させながらユーザーエクスペリエンスを改善します。
  • ActivID® Threat Detection
概要 | 仕様

HID®リスク管理ソリューション脅威検出機能

  • 独自のデジタル身元感知技術でデバイス、セッション、ユーザー、トランザクションを保護し、指紋認証デバイスとユーザー身元確認技術一式は以下から保護します:
    • 不正なトランザクションとアカウント操作
    • ウェブとアプリケーションのハッキング
    • スクリプト化/自動化されたアクセス
    • ユーザーデバイスハッキング、セキュリティ事件
    • ウェブアプリケーションの完全性保護
    • フィッシング、ソーシャルエンジニアリング、アカウントの乗っ取り
    • 金融マルウェア(トロイの木馬、マン・イン・ザ・ブラウザー(MitB)、Webインジェクション等)
  • デバイスとユーザーIDを検証するために、機械学習と人工知能を用いて何百ものパラメーターを分析
  • 多層アプローチの提供:デバイス、セッション、ユーザー/ナビゲーション、トランザクションの層
  • 行動分析の実行により以下を提供します:
    • ログインにおけるユーザー認証/ID
    • 実際のユーザーの生存性チェック
    • 連続認証
  • 複数の検出機能(ゼロデイ・バンキング・マルウェア、アカウントの乗っ取り、フィッシング、BOTsその他)を提供
  • 異なるデプロイメントの選択肢を提供
    • オンプレミスあるいはクラウドベースのサービスへの展開が可能
    • APIインテグレーション不要
    • モバイルバンキングのためのモバイルSDKとオンラインバンキングのためのSnippetインテグレーション
    • シンプルなPOCの試行
  • 異なるワークフローをサポートする柔軟なインテグレーション

HIDリスク管理ソリューション脅威&不正検出機能

  • 脅威検出機能のすべて:
  • トランザクションは、トランザクションタイプ、使用されたチャンネル等に対応する規則のグループが含まれるモデルに対して評価されます。規則に当てはまらない新しい不正概要に適応できる、高度な機械学習にも基づいています。
  • PSD2、3D Secure 2、その他の簡素化された規則のコンプライアンスを提供
  • ActivID® Threat Detection
概要 | 仕様