HID® DigitalPersona® ソフトウェア

企業向けの最先端マルチファクター認証
概要 | 仕様
HID DigitalPersona ソフトウェアは、ユーザー向け認証サービスの新たな方法を備えています。従来の 2FA/MFA ソリューションが「ユーザーの所持情報/知識情報」止まりだったのに対して、DigitalPersona は Microsoft 365、VPN、企業ネットワーク、Windows デスクトップ、Citrix アプリケーションなど、ユーザーがクラウドアプリケーションにすばやく簡単にアクセスできるように、簡単に展開できる数々の認証方式を活用しています。 セキュリティと使いやすさのバランスの取れたソリューションは、業界で最も広範な認証要素を採用しています。これにはワンタイムパスワード、モバイルベースのプッシュ、スマートカード、USB キー、リスクベースおよびコンテキストベースの手法、指紋や顔ならびに行動的キーストロークをはじめとするバイオメトリクスなどが含まれます。

HID DigitalPersona ソフトウェアには以下のような特長があります。
  • Windows Active Directory や LDS サーバーに導入可能
  • SAML プロトコルを使用したアプリケーションの統合が可能
  • 認証情報の簡単な自己登録および認証ポリシー適用のための使いやすいインターフェース
  • SAML 対応アプリケーションにアクセスするためのブラウザベースの SSO ポータル
  • オプションのパスワードマネージャ機能により、認証フィールドのパスワードをランダム化して自動入力
  • Yubikey®、HID Crescendo C2300 カード、Crescendo キーをはじめとする FIDO U2F および FIDO2 認証システムなどの業界規格に対応
概要 | 仕様

DigitalPersona の幅広い認証要素には以下が含まれます。

  • 知識情報: Windows パスワード、PIN、秘密の質問
  • 所持情報: OTP、非接触型カード (HID iCLASS メモリカード、MIFARE Classic 1k、4k およびミニメモリカード) と Seos、スマートカード (PKCS11 および CSP 互換)、プロキシミティカード (HID 125 kHz)、および Bluetooth デバイス。トークン。FIDO U2F キー、Apple Watch、FIDO2 (HID Crescendo キーや C2300 カードなど)
  • 生体情報: 指紋、顔認証、Lumidigm® リーダー
  • 行動情報: キーストローク生体認証
  • 位置情報: IP アドレス、統合 Windows 認証 (IWA)
  • 時間情報: 期間

DigitalPersona が HID ActivOne に加わり、業界唯一の完成されたエンドツーエンドのマルチファクタ認証管理ソリューションになりました。

概要 | 仕様