HID® ActivID® クレデンシャル管理システム

情報の要求
高保証レベルのクレデンシャルを安全に発行、管理
概要 | 仕様

HID GlobalのActivID® クレデンシャル管理システム(CMS)により、組織は周辺のセキュリティを越えた認証クレデンシャルを発行することができます。ファイヤーウォール内の個別のワークステーションやサーバー、またVPNやアプリケーションに安全にアクセスするために、スマートカード、スマートトークンまたは仮想スマートカードから選択します。高保証レベルのクレデンシャルはデータ、ハードドライブ、ドキュメントおよび電子メールの暗号化も行い、デジタル署名を可能にします。

ActivIDクレデンシャル管理システムは次の組織に最適です:

  • 認証、データ暗号化およびデータ署名の目的で、従業員に集中アクセスカードまたはスマートトークンを発行する中堅企業および大企業
  • PIV(個人身元確認)カードを展開する組織およびPIV-I(相互運用可能PIV)カードまたはCIV(商用身元確認)カードを展開する営利団体。
  • 市民にPKIベースのクレデンシャルを伴うIDカードを発行する政府機関

ActivID CMSは、単一のベンダーの統合ソリューションを使用して、一枚でITアクセスおよび物理アクセスが得られるPKIスマートカードを、組織が作成、管理、使用できるようにする業界で唯一の製品です。

ActivID CMSを展開する組織は、PKI証明書や他のクレデンシャルを、スマートカード、仮想スマートカード、トークン、モバイルデバイスなどのあらゆるデバイスに安全に付与することができます。複数のユーザーグループを有する複雑な分散型環境における、数百万のクレデンシャルへの拡張も可能です。ActivID CMSは物理アクセス制御システム(PACS)とインターフェースで接続してPIVまたはPIV-Iのカード登録プロセスを自動化し、これによりユーザーはカードの再登録をせずにカードを使用してドア認証を取得することができます。

概要 | 仕様

ActivID クレデンシャル管理システム(CMS)は、組織に高保証レベルのクレデンシャルの展開を簡単かつ安全に管理する方法を提供します。本ソリューションのサポート内容:

伸展性:ActivID CMSは、ActivClient®や公開鍵暗号標準(PKCS) #11に準拠したミドルウェアと共に、広範囲のデスクトップ、ネットワークセキュリティ、生産性アプリケーション用スマートカードの発行および管理をサポートするために使用することができます。フル活用することにより、クレデンシャルは物理アクセスおよび論理アクセスの両方に使用できます。ActivID CMSはまた、仮想スマートカードとモバイルデバイスのデジタル証明書発行にも対応しており、フォームファクタと保証レベルの選択肢において柔軟性を実現させています。

ライフサイクル管理: 組織の認証デバイス (スマートカード、スマートUSBトークン、仮想スマートカード、モバイルデバイスなど)、データ(静的パスワード、バイオメトリクス、人口統計学的データなど)、アプレット(ワンタイムパスワード アプリケーションおよび個人身元確認[PIV] アプレットなど)、デジタルクレデンシャル(PKI証明書を含む)を効果的に管理します。ActivID CMSの、特許取得済みのユニークな発行後アップデート機能により、組織は常にクレデンシャルの管理ができます。

統合: オペレーティングシステム、ディレクトリ、フロンドエンドまたはバックエンドのID管理とプロビジョニングシステム、認証局、FARGO®プリンタなどのカードプリンタ、物理アクセス制御システムなど、あらゆる環境との互換性を備えています。

安定したレポーティング: レポーティングに向けてすべてのアクティビティを記録する、充実した改ざん防止監査機能を提供します。

強力なセキュリティ: ユーザーワークステーションに接続されているスマートカードまたはスマートUSBトークンに記載された機密を伝達する、セキュアで透明性のある方法を提供します。鍵と個人情報が、ハードウェア セキュリティモジュールを使用してサーバー上で保護され、エンドツーエンドでセキュアエレメントチップに安全に伝送されます。ActivID CMSはまた、PIVおよびPIV-Iに関する厳格な米国連邦政府基準にも対応しています。

概要 | 仕様