HID® IdenTrust TrustID™ デジタル証明書

重要なリソースへのアクセスを保護するデジタルID
  • TrustID
概要 | 仕様

組織は、HID IdenTrust TrustID™ デジタル証明書により、強力な二要素認証でウェブサイトやアプリケーションへのアクセスを確保するデジタルクレデンシャルを提供することができます。デジタル証明書はまた、メールの暗号化や電子署名機能を含む、高度なセキュリティ使用事例にも対応しています。

HID IdenTrust TrustID デジタル証明書は次に最適です:

  • 組織の施設、ITシステムおよび複数の組織にまたがるアプリケーションへのアクセスを保護するため、従業員、契約社員、パートナーおよびベンダーにセキュアなクレデンシャルを提供する必要のある組織。
  • 顧客に対して自社のアイデンティティを確実にするため、ウェブサイトやWebアプリケーションをセキュアにする必要のある組織。
  • 機能性を必要としながらも、これらのクレデンシャルを自社で発行、サポートするインフラストラクチャの構築を希望しない組織。
  • 世界中のすべての主要なオペレーティングシステムとWebブラウザーが信頼するデジタルIDを従業員に提供する必要のある組織。
  • 組織に属さず、メールのコミュニケーションおよび/またはデジタル化した個人の文書をセキュア化したい個人。

高価な公開鍵基盤を配備する代わりに、ターンキーソリューションをHIDが提供します。これにより、信頼のおける証明書をユーザーが弊社ウェブサイトから直接取得できます。または、証明書を授与する全プロセスを御社がコントロールできるサービスを提供することもできます。

HID IdenTrust TrustID デジタルクレデンシャルにより、個人および組織は、複雑で高価なインフラストラクチャを配備することなく、IDに基づく証明書を使用するセキュリティ上の利点を享受することができます。

  • TrustID
概要 | 仕様
  • 二要素認証 - デジタル証明書を通して二要素認証を実施し、ウェブサイトやアプリケーションへのアクセスをコントロール
  • 電子署名 - 従来のインクを使用した署名をデジタル署名に置き換えることにより、否認防止、監査適合性の向上、処理能力の向上、用紙削減を確立
  • セキュアなEメール - デジタル証明書を活用して内容を暗号化し、メッセージの完全性を保証することにより、メールによるコミュニケーションを保護
  • シームレスな統合 – IdenTrustの証明書に対応した Microsoft®、Apple®、Mozilla®、Adobe® などの一般的な製品を使用して配備を簡素化
  • TrustID
概要 | 仕様