HID® FARGO® HDP5000 IDカードプリンタおよびエンコーダ

情報の要求
多くのテクノロジーが搭載されているスマートカードへの印刷に最適なソリューション
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
概要 | 仕様

HID HDP5000 は、追加のエンコーディングおよび両面印刷を提供する多様な高精細印刷ソリューションです。

優れた印刷の品質、より高度の信頼性と耐久性、より確かなセキュリティ - 手ごろな価格で多機能なHDP5000 IDカードプリンタ/エンコーダでの印刷、エンコードにより、写真付きIDカードがこうした品質をすべて備えたものとなります。

  • High Definition Printing® により、エレクトロニクスが内蔵されたスマートカードでも優れた印刷の品質が実現し、印象が非常に良くなります。
  • 高い信頼性と耐久性で総所有コストを低減し、手ごろな価格により高解像度のカード印刷がほとんどすべての企業に手の届くものとなります。
  • HDP5000 IDカードプリンタ/エンコーダのプリントヘッドには生涯保証、その他の部分には3年間の保証を付け、サポートします。
  • 多機能のモジュール式設計で、ニーズの変化に応じた変更ができます。両面カード入力ホッパー、両面印刷、片面または両面のラミネート加工、カードのエンコーディングテクノロジーは、すべて現場でアップグレードが可能な機能です。
  • シンプルな設計と直観的な操作で、トレーニングは最小限で済みます。カード、リボン、オーバーラミネートはカートリッジ式のため、素早く、簡単にセットすることができます。

HDP5000 IDカードプリンタ/エンコーダの主な機能

HDP5000 IDカードプリンタ/エンコーダは改善され、多くの機能が搭載されています。エレクトロニクスが内蔵されたスマートカードに最適。高解像度、最高画質で信頼度の高いカード作成が行えます。HDP5000 IDカードプリンタ/エンコーダは、モジュールの追加により現場でのアップグレードが簡単にできます。

  • 新しいオプション、両面カード入力ホッパーがカードの取り扱いを簡素化し、ダウンタイムを最小限にとどめます。
  • HID Globalの次世代HDPプラットフォームにより、印刷速度が向上しています。
  • オプションの片面または同時両面ラミネート加工が迅速に、より高度なカードのセキュリティを実現。
  • 両面カード印刷オプションにより、カードを手動でセットし直すことなく印刷領域が倍増します。
  • 非常に丈夫なオプションのHDPフィルムで、カードの耐久性が向上しています。
  • SmartScreen™ LCDコントロールパネルが、役立つステータスメッセージとプロンプトを表示します。
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
  • Impression sur carte plastique
概要 | 仕様
  • プリント面:片面または両面
  • プリント方法: HDP 昇華 / 樹脂熱転写
  • 解像度: 300 dpi
  • プリント速度: カード1枚あたり最長24秒 / 1時間あたりカード150枚 (YMC転写)*
  • 使用できるカードのサイズ: CR-80
  • 保証: 3年間(プリンタ);生涯(プリントヘッド)

プリンタオプション:

  • 新登場: 両面カード入力ホッパー - アップグレード可
  • カードラミネート加工モジュール - 片面または両面(同時)-アップグレード可
  • スマートカードのエンコーディング (接触型/非接触型)- アップグレード可
  • ドアロックおよびカートリッジロック
  • プリンタクリーニングキット
  • 磁気ストライプエンコーディング - アップグレード可
  • カード入力ホッパー(200枚) - アップグレード可
  • 両面印刷 - アップグレード可
  • インラインプリントおよびエンコーディング向け単線イーサネットおよびUSB 2.0インターフェース(注: 単線イーサネット
    エンコーディングはiCLASS、接触型スマートカードエンコーディングでのみ利用可能です。)