ActivID® 認証アプライアンス

多様なマルチファクタ認証

概要 | 仕様
  • Appliance d´authentification: CMS ® ActivID

HID GlobalのActivID® 認証アプライアンスは、世界中の企業や銀行で利用され、ネットワーク、アプリケーション、オンラインサービスへのアクセスをセキュア化することで、情報漏洩を防ぎ、最新のFFIECガイダンス、PCI DSSほか同等の規約、ポリシーおよびガイドラインへの対応に大きな役割を担っています。

マルチファクタ認証のソリューションは次のようなお客様に理想的です:

  • モバイル社員がファイヤーウォールの後ろ、もしくはクラウドの中にあるネットワークやアプリケーションにリモートアクセスするのをセキュア化したいと考えているお客様
  • パートナーのポータルへのアクセスをセキュア化したいと考えているお客様
  • 国民、顧客、患者用オンラインサービスに対するアクセスをセキュア化したいと考えている政府、銀行、医療関連のお客様

多様なマルチファクタ認証の手法に対応できる能力を持つ単一のソリューションが配備できれば、ユーザーはいつどこからでも好きなデバイスで安全に接続できるようになり、お客様はコストを削減できます。

ActivID ソリューションは、主要な携帯電話やタブレットすべてに対応したマルチファクタ認証をサポートしています。オープンプロトコルをビルトインサポートしているため、企業インフラストラクチャ、クラウドベースのサービス、およびインターネットバンキングエンジンへの統合が簡単に行えます。

バーチャルアプライアンスの形態でもハードウェアの形態でもお選びいただけるActivID アプライアンスは、安全性、柔軟性、コスト、そして利便性が理想的なバランスで備わった製品です。

The ActivID® 認証アプライアンスは、多様なマルチファクタ認証に対応する手軽に配備できる認証エンジンを求める多くの企業によって選ばれています。

多機能: Device IDをはじめとして、ハードウェアおよびソフトウェアベースのOne Time Passwordトークン、PKIクレデンシャル、アウトオブバンド(SMSまたは電子メール)による認証コード通知、そしてパスワード・PIN・質問と回答(Q&A)といった静的パスワードにいたるまで、さまざまなマルチファクタ認証方法をすべてサポートしています。

  • 認証サーバによってサポートされているGenuine HID® クレデンシャルには、ActivID OTP トークン、ActivID DisplayCards、ActivID ActivKey SIM、ActivID ウェブトークン、ActivID PCトークン、iOS・Blackberry・ Android用のActivID モバイルトークン、Crescendo カードならびにpivCLASS® カードが含まれています。
  • そのままでActivID Threat Detection Serviceとの統合が可能
  • Oathアルゴリズム準拠のサードパーティトークンをサポート
  • Oath OCRA および ActivID トークンによって生成されたトランザクション署名の検証が可能
  • アウトオブバンド・トランザクションの認証が可能

多様な設定に対応: 認証方法、ユーザーグループ、アクセスの経路(チャネル)によって異なるポリシーをサポート。

相互運用性: 本格的なWebサービスベースのAPIのほか、SAML 2.0、RADIUSのネイティブサポート。

安全性: FIPS-140-2(Common Criteria)認定のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を採用し、保存データの暗号化とすべての監査ログの署名を行う。[オプション]

復元力: 冗長構成のフェイルオーバーにより、1対のアプライアンスによって可用性の高いサービス提供を行うため、数十万のユーザーにもスケール対応が可能。