HID Global、セキュアID業界の2016年上位トレンドを予想

最新情報のハイライト:

  • モビリティとユーザーエクスペリエンスに対するより一層の取り組みが、2016年の企業組織の大きな課題となることが予想されます。
  • 信頼できるデジタルIDが、より優れた利便性を求めて増大する接続環境全体に著しく拡大すると思われます。これにより、生産性の向上とセキュリティポリシーの順守へと導く機会が誘引されるでしょう。
  • プライバシー保護の重要性は今後も上昇し続け、盗難後までを含む違反行為の予防やID保護に関する最優良事例の向上が、企業組織に課されるでしょう。

 

2016年1月13日、テキサス州オースティンセキュアIDソリューションの世界的大手のHID Global®によって、2016年のセキュリティ業界のトレンドが特定されました。これは、数多くの市場に及ぶ大手顧客から得られた深い洞察と並び、世界中の先見の明のあるパートナー企業やエンドユーザー企業を対象に実行した、弊社の最新ソリューションのパイロット運転や展開に基づいて行なわれたものです。HID Globalはその幅広い業界観点より、IDおよびアクセス制御、市民ID、モノのインターネット(IoT)に関して今年最も大きな影響を与えると予想される、5つの重要な進展を指摘しました。

HID Global 社長兼CEOのStefan Widingは次のように語りました。「弊社が注目している今年進展中のさまざまなトレンドには、増加の一途を辿るモバイルセントリックの需要や、2016年のセキュリティ技術改革を先導するとHID Globalが確信する、満足度の高いユーザーエクスペリエンスなどが挙げられます。」 「お客様の、包括的セキュアIDエクスペリエンス志向はますます高まるでしょう。それは、彼らのユーザーに、相互接続デジタルIDおよびモノのインターネットの新時代によりフレキシブルに順応できるソリューションの基盤の提供を望んでいるからです。」

HID Globalの予想する2016年のトレンドでは、より充実したモバイルおよび接続体験や、プライバシー保護の進展の継続、ソリューション展開に最優良事例をより幅広く採用することなどが指摘されています。 ここに、それらトレンドの一部をご紹介しましょう。

トレンド No.1: セキュリティの『結集』から、より一層の浸透化とパーソナライズ化が実現。 常に存在するモバイルデバイスの利便性に合わせ、より安全なセキュアIDを活用した新たなライフスタイルが構築されるでしょう。コンピュータやネットワークのログオン、運転免許証やその他のアプリケーションが、電話やタブレット、ノートパソコンの物理的なセキュリティ機能とよりスムーズに連携するでしょう。 次の段階はウェアラブルですが、存在証明アプリケーション用のIoTにセキュリティと信頼を付加するため、電話もRFIDタグを内蔵することが予想されます。

トレンド No.2: セキュリティがユーザーエクスペリエンスをより重視したものへと移行。 これは、企画とコンプライアンスの間の隔たりを縮めるのに役立つ一方、セキュリティがエンドユーザーの習慣やライフスタイルを定義付けるというより、それらに確実に順応するものとなるでしょう。 従来型の認証方法は、より満足度の高い代替方法に置き換えられることが予想されます。

トレンド No.3: セキュア接続IDが、私たちの仕事や買物、娯楽における安全性やイノベーションを誘引。 業界は接続IDの新しい段階へと突入し、各種IDをその正当な所有者にバインディングするため、バイオメトリクスを含む多層セキュリティ戦略の採用が予想されます。

トレンド No.4: 接続とモバイル第一主義の世界の拡充によって、プライバシー重視が高まる。 IDの対象は人間はもちろん、物やその信憑性を識別する個人IDまで拡大し、相互接続が進展するデバイスやサービス、アプリケーションにおける個人情報の保護の必要性が強調されるでしょう。

トレンド No.5: セキュリティポリシーおよび最優良事例が、技術進歩同様の重要性を持つに至る。 業界は何を展開するかのみでなく、いかにそれを展開するかという点により鋭い焦点を当てることが予想されます。それは、米国初のモバイル運転免許証から、設備と情報という双方のセキュリティに企業組織のより総合的な対応を可能にする、統合クレデンシャル管理システムにまで及びます。 業界は、違反行為の予防のみに焦点を当てるのではなく、後に発生することの管理を目指し、最優良事例の採用にも力を入れるため、盗難に遭ったIDは泥棒にとって使い物にならなくなります。

これらトレンドの進展の基盤を提供する

これらトレンドの進展の基盤を提供するHID Globalの Seos®技術は、企業組織が自信を持ってモバイルソリューションの導入に乗り出し、それぞれのユーザーにかつてないほどアプリケーションで権限を持たせることを可能にします。

HID Globalのその他の最新情報に関しては、弊社のMedia CenterIndustry Blogをお読みいただくか、RSS Feedをご購読ください。弊社のビデオ のほか、FacebookLinkedInTwitterでのフォローも可能です。

HID Globalに関して
HID Globalは、世界中の数百万の顧客に対し、セキュアIDの作成、管理、使用に関する革新的な製品、サービス、ソリューションやノウハウを提供している信頼ある企業です。弊社の対象市場には、次のものが含まれています。強力な認証およびクレデンシャル管理を含む物理的・論理的入退室管理、カード印刷およびパーソナライゼーション、訪問者管理システム、高度にセキュアな政府発行および市民ID、動物IDおよび工業用・物流用アプリケーションに使用されるRFID技術など。弊社の主要ブランドには、ActivID®、 EasyLobby®、FARGO®、IdenTrust®、 LaserCard®、 Lumidigm®、Quantum Secure、HID®などが挙げられます。テキサス州オースティンに本社を構えるHID Globalは、世界中に2,200名以上の従業員を有し、海外営業所を通じて100ヵ国以上の国々でサポート業務を展開しています。HID Global® は、ASSA ABLOY グループブランドのひとつです。詳細は、こちらをご覧ください。http://www.hidglobal.jp.

# # #

® HID、HIDロゴおよびSeosは、米国を始めとする/各国におけるHID Globalの 商標または登録商標です。 その他すべての商標、サービスマーク、製品名またはサービス名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

広報関連のお問い合わせ:

HID Global
Anthony Petrucci
海外広報部、部長
512-776-9225
apetrucci@hidglobal.com