出退勤管理

既存の HID iCLASS® または近接物理アクセスコントロールクレデンシャルを活用するシステムを使用して、従業員の出退勤管理データの管理を簡素化してください。

iCLASS 13.56 MHz 非接触式スマートカードリーダまたは 125 kHz 近接カードリーダは、出退勤管理の端末に埋め込むか、または外部装着できます。 代わりに、PC に接続されたデスクトップリーダを使用し、データを収集、保存および一覧できます。

出退勤管理アプリケーションにiCLASS または近接技術を使用する利点としては、

  • タイムカードの同僚による代理の“不正打刻”が減少されることも含まれます。 従業員は、自分専用のIDバッジを使用しますし、施設内部でのアクセスにはバッジが必要なので、自分の代わりに同僚に入退勤を記録させることはまずないと考えられます。
  • 保守コストが削減されます。また、iCLASSと近接リーダには、ひどく破損・摩耗されるような機械部分、磁気ヘッド、その他の構成要素が含まれていません。
  • つまり、リーダには改ざんに対する耐久性があり、これを使用すると、違反行為を削減できます。
  • 従業員は、iCLASS または近接リーダの使いやすさと便利さを正しく理解することになります。 iCLASS または proximity リーダにカードをかざすだけなので、カードをリーダに通したり、タイムカードをパンチしたり、手作業でタイムチケットを処理するのよりも、時間や手間がかかりません。
  • 手作業の時間を節約できるため、従業員はスループットの速さを高く評価することでしょう。 出勤、昼食、終業のような入退室数の多い時間でも、長蛇の列が避けられます。
  • リード/ライト機能のあるiCLASS を使用すると、従業員データをiCLASS に安全に保存できるので、プライバシー問題に対処できます。
  • 既存のアクセスコントロールクレデンシャルへの投資を、出退勤管理アプリケーションに拡張できます。

時間レポートを使いやすくし、従業員に便利なものにし、人的資源と賃金処理を正確なものにしてください。