キャンパスソリューション

キャンパス環境においては、大学、企業又はエンタープライズスペースであれ、単一のクレデンシャル上に幾つもの異なるアプリケーションが必要となる場合があります。 その目的は次の通りです。

  • セキュリティを高める。
  • 一枚のカードで多数のアプリケーションを作動できるようにすることでカードホルダーに利便性を提供する。
  • 様々な部門あるいは多様なカード利用の管理機能を一括して簡素化する。

典型的なキャンパス環境でのアプリケーションには次のものがありますが、これだけに限りません。


  • 物理アクセスコントロール
  • フォト ID
  • 論理アクセスコントロール (PC又はネットワークへの安全な認証)
  • 電子マネー、店舗販売時点情報管理(POS)、又は電子キャッシュ
  • バイオメトリック
  • ランドリー
  • 図書館
  • ロイヤルティポイント
  • 記録管理用ストレージ
  • ヘルスケアデータ


多くのキャンパスでは、現在、前述の全機能又はいくつかの機能を果たすためにクレデンシャルを使用しています  これらのクレデンシャルは、大抵が複合技術クレデンシャルであり、 単一のカードに二つ以上の技術が用いられています。これにより、キャンパスで、既存のインフラを活用しながら、新しいアプリケーションやシステムを導入することができます。  


キャンパス市場へのサービス提供に特化したシステムインテグレーターがおり、このインテグレーターは通常、補足的なシステム又はサービスを提供する他企業とパートナーシップを結んでいます。   HIDの複合技術クレデンシャルはキャンパス内のギャップの橋渡しができるため、キャンパス全体で単一のクレデンシャルを使用することも可能です。


HID コネクトパートナーは、次の方法で更にギャップを埋めるお手伝いをいたします:


  • HID近接及び/又はiCLASS® 技術を第三者ハードウェアで使用できるようにする。
  • HID技術が使用可能な第三者ハードウェアで作動するソフトウェアアプリケーションを書く。
  • HID近接及び/又は iCLASSクレデンシャルを使える新しいハードウェア及び/又はアプリケーションソフトウェアを開発する。 


キャンパスにおけるサービスが必要な方は是非、私達までご連絡ください。キャンパス市場向けソリューション提供に特化したパートナーについてより詳しくご説明いたします。または特定のアプリケーションに対するソリューションが必要な場合は、お求めのハードウェア及び/又はソフトウェアソリューションを提供するHIDコネクトパートナーをお選びください。