Building Automation

パートナー

  • Netgenium Systems

ビルディングオートメーション

ビル管理で最も経費がかかるものの 1 つは光熱費です。 急上昇するエスカレータ HVAC と照明費用を管理する必要があるとします。 ビルに誰もいないときに照明が点灯されたままになり、冷房または暖房が行われていることに気付いてうんざりしている場合は、ビルの自動化のソリューションが必要な時かも知れません。

HID’ の近接技術または iCLASS® 技術を使用すると、HVAC および照明の問題を解決するいくつかのアプローチを採用できるとともに、支払いを自動化できます。 たとえば、次のとおりです。

  • 1 つの簡単なアプローチとして、HID 近接技術またはiCLASS クレデンシャルは、暖房、冷房、および照明を事前に決定した時間だけオンにできます。 HID クレデンシャルをリーダにかざすだけで、事前にプログラムされたサービスが指定した時間(2 時間など)だけ有効になります。
  • 別のアプローチは、iCLASS リード/ライトクレデンシャルを使用する際に、iCLASS クレデンシャルを“時間” とともにロードします。 iCLASS クレデンシャルをリーダにかざすと、使用済みの時間が許容される事前設定された時間から減算されます。
  • 支払いのために、近接技術または iCLASS クレデンシャルが使われるたびにログ記入し、どのくらいの時間かをログ記入することを選択できます。 (クレデンシャルはサービスを“オフ”に切り替えるのにも使用できます)。 これで、使用時間分だけの支払いをカード保持者に請求できます。

このタイプのサービスアプローチが使われるのは、通常、個別の部門がその部門の公共料金支払いの責任を負う複数テナントのビルまたは大規模な事務所用ビルです。

アプローチの基礎になるのは、エンドユーザが真に達成したいと考えているもの、ビルで使用される HVAC と照明コントロールのタイプ、および活用できるソフトウェアがどれかです。

ビル自動化を実装すると、ビルの価値は上昇し、運営コストは削減されます。 ユーザの満足は高くなり、必要なサービスを必要なときに得るのが簡単になります。 ビル自動化の目標を達成するのに役立つHID Connect パートナーを探してください。